青萠堂書籍

三浦朱門(みうらしゅもん)
1926年東京生まれ。東京大学文学部言語学科卒業。日本大学芸術学部で教職を務めながら、第15次「新思潮」に加わり、’51年『冥府山水図』で文壇にデビュー。小島信夫、阿川弘之、安岡章太郎、遠藤周作、吉行淳之介らとともに第三の新人と呼ばれる。’67年、『箱庭』で新潮文学賞受賞。’82年、『武蔵野インディアン』で芸術選奨文部大臣賞受賞。’85〜’86年文化庁長官に就任。’99年、第14回産経正論大賞受賞、文化功労者にも選ばれる。現在は、日本藝術院院長。妻は作家の曽野綾子。夫婦ともに、カトリックの信者として知られる。
近著に、『老年の流儀』『老年の品格』(海竜社)、「夫婦口論」〈曽野綾子共著〉(扶桑社)、『不老の精神』『うつを文学的に解きほぐす』『老年のぜいたく』(共に小社)などがある。





老年に後悔しない
 10の備え


三浦朱門

●老年になる前にしっておく10のこと
・中年期の悩みとその解決法
・暗い未来を明るくする才覚
・囚われず気持ちよく生きるために
・どう夫婦の中年期を変えていくか…
・もう若くないと思ったらすること 他
 ──“迷いの年齢”をどう悔いなく生きるか

1,365円
(税込) 四六判 並製
ISBN978-4-921192-75-4

2011年12月刊